インフラエンジニア ryokuenbitの技術や様々な知識を付けてアウトプットする為のブログ

IT業界3年目。まだまだ経験が浅いので 資格取得やMyPCでのアウトプットで スキルアップ出来るよう日々勉強しています!そんなインフラエンジニアの ryoがスキルアップの為にアウトプットするブログです。(たまに日常なども書く)  2020年7月現在保有資格LPICLv1(101),ITILFoundation,CompTIACloudEssentials

レガシーエンジニア

どうもryokuenbitです。

 

タイトル見てお察しの通り

 

 

新しい単語つくりました(笑)

 

 

その名も

 

「レガシーエンジニア」

 

 

レガシーシステムがあるなら

レガシーエンジニアもいてもいいんじゃないかと思い名付けました。

 

 

 

これは昨日ブログで説明した現場のパートナー(他社のSESエンジニア)の先輩ですね。

ブログの初期にその先輩にモラハラされたと愚痴を吐いていましたが

 

その先輩こそレガシーエンジニアなのです。

レガシーとは化石や古い、昔のみたいな感じで使われますが

 

僕がレガシーエンジニアだと決定した点が

以下3点です。↓

1,全く同じ現場に新卒から20年居る

2,昔ながらの考え方で

 おまけにかなりの主観的

3,情報収集力や技術力に乏しく、転職などに有利な資格を保持していない

レガシーシステムの初歩的な段階しか知らない)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくらSES企業に勤めているとは言え

現に現場でリーダーでもないし、社内でも平社員のまま。

 

 

 

僕のブログを見てくれてる方は

ほぼTwitterから来てくれていると思いますが

僕と同じもしくはそれ以上の向上心を持った方がいると思いますが

 

SES企業で給料も大幅に上がらず(月給は自分と一緒ぐらい)、同じ現場にデータ入力やること20年……

 

 

僕はこんなキャリア絶対に歩みたくない

こんなエンジニアになりたくないと現場に来て1ヶ月で強烈に決心したのを覚えています。

 

 

資格もMOSExcelエキスパートのみで

ITILは落ちたとか…

 

いやー心底こんな風になりたくないと思いましたね。

 

2番の昔ながらの考え方で主観的なのも

今だに、現場に長く居たらなんとか報われると思って仕事も人のを奪っていくスタンス。

自分が間違っていないと勝手に確信し

マイルールで運用とはと語ったり勝手に機嫌悪くなったり、手順書自分なりに申請しないで変えたりまー主観的。

 

 

3番は上記に書いたMOSExcelエキスパート

以外にも、SESエンジニアとしての単価の上げ方や給料の上げ方に無知なところ。

 

長い現場経験で現場に欠員出たのにお客さんに自社の社員を提案しない。

 

単価上げる為にシステムの深い知識や技術の自己学習もしなければ、上流工程にも興味がない。

 

ましてや転職にも。

 

 

 

現状に満足しているのかこんなに謎の根性で

たかが中小のSES企業(自分とは違う会社)の平社員エンジニアとして這いつくばる意味が全く理解出来ませんよね。

 

 

以前YouTuberで俺たち天下のゆとリーマンの

「IT業界の闇 客先常駐の実態」って動画を観ましたがその時の悪い例として、10年経ってもまだスキルのつかない簡単な仕事をずっとして年齢を理由に契約切られるという動画があり、その時のコメント欄に

10年は居すぎってコメントありましたが

 

いやー20年となるとどうなんですかね??

 

皆さんはスキルがつかない簡単な仕事を

同じ客先常駐の現場で20年、平社員でリーダー経験無しで手取り20万円のエンジニアに

なりたいですか?

 

 

 

 

 

 

 

僕は死んでもそんな人生ドブに捨てたキャリアを歩みたくないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなかこの様な、エンジニアってかなり

珍しいんで参考になれば幸いです。

 

 

 

でわまた!