インフラエンジニア ryokuenbitの技術や様々な知識を付けてアウトプットする為のブログ

IT業界3年目。まだまだ経験が浅いので 資格取得やMyPCでのアウトプットで スキルアップ出来るよう日々勉強しています!そんなインフラエンジニアの ryoがスキルアップの為にアウトプットするブログです。(たまに日常なども書く)  2020年7月現在保有資格LPICLv1(101),ITILFoundation,CompTIACloudEssentials

【過去編】僕が昔、夢に向かって本気で頑張っていたけど諦めた話

僕は昨日8月2日だったので、そういえば8月2日は高校時代毎年夢に向かって頑張っていたなーと思い、去年から本格的にTwitterを初めて、初めての夏なんでもう10年もたったし僕の過去を打ち明けたいと思います。

 

今は情報発信の時代だし、僕は自分から夢を諦めた身なので自分で黒歴史化して社会人になってからあまり、公表したことはありませんでした。

 

もう12~10年前の話です・・・。

 

僕は小学校6年生の時からお笑い芸人になるのが夢で

中学時代からマンスリーよしもとを買って見ていたり、お笑い番組をゴールデンすべて深夜のコント番組やマニアックなものまで観てました。

初めて中3の時にショートコントのネタを書いてみたりしてました。

 

そして中3の時にマンスリーよしもとで高校生の漫才の大会でイオンとよしもと主催の

M-1甲子園(後のハイスクールマンザイ)があるのを知って、僕は全国優勝すればNSCの特待生になれる!と思い

高校に進学しようと思いました。

 

正直中学から勉強がやらされ感があり大嫌いだったので中3の時に千原ジュニアさんの14歳を読んで、中卒でNSC松竹芸能に行こうか迷ってて資料請求するぐらい本気でしたが、親や周りの大人から猛反対を受けました。

 

そこで僕は高校に進学し、同じ高校でお笑いに興味はないけど小学校から一緒の学校に通っているというだけの理由でお笑いに誘いました。

当時のコンビ名はパンクポール

純粋にハ行のコンビ名があまり少ないからあま被らないだろうと思い

つけました。

ネタとボケを担当し、当時はやっていた魔法のiらんどアメブロでコンビ活動を記録したり、ライブ後にブログ書いたりしていました。

初舞台がM-1甲子園の成田予選で8月2日でした。

トップバッターで初めての三八マイクにお客さん、もちろん緊張したけどそれより同じ高校せいとは思えないぐらいみんな面白かったのを覚えてます。

当時、その時の相方が言ってましたがお客さんからこれはネタじゃないと言っていたそうです。

 

そこから青少年育成事業のお笑い甲子園で後にプロになる先輩や同級生に会い

投票制だったのですが予選落ちして、才能の違いを痛感し

2年になり、ハイスクールマンザイやお笑いインターハイに参加し予選敗退、K-PROさんが制作する若手ライブプロアマ混合のライブに出て友達まで誘ったのに1票しか取れなかったです。

 

高校3年ラストイヤーだから、練りに練って作った漫才1本でハイスクールマンザイの予選をできる限り参加しました。

この時に直前に高校の友人に学校終わりにお笑いをやっているのをカミングアウトして

ネタを見てもらっていて、その辺の若手コンビより面白いと謎の感想をもらったけど

自分たちも覚えてるし、制限時間の2分に収まるぐらい頑張ったネタを作り頑張りました。

お客さんから今までで1番よかったって聞こえたと当時の相方が教えてくれて

自信もあったんですがハイスクールマンザイはすべて予選落ち、おまけに別のお笑い甲子園も予選落ちで8月の下旬にあったプロアマ混合の投票制ライブでまたまた1票だったんで、このライブでネタも改良したのに1年前と結果が一緒だったのでこのライブで一緒だったプロの芸人さんや予選を通過してハイスクールマンザイでセミファイナルに行った同級生との才能の差を痛感し、絶対自分はお笑い芸人として通用しないしネタの発想や構成などの才能が違いすぎると痛感したので夢を諦めました。

 

なかでも当時からすごかったのが秋切町(現在スペシャルワン)、Gパンパンダ、粗品からし蓮根でしたね。ただその他の方もみんなすごかった。

現在スペシャルワンの柳原さんや現在ターリーターキーの伊藤さんやたかまつななアンゴラ村長は実はアメブロで絡んでいました(笑)

実はそのアメブロも去年削除しようとサイバーエージェントに問い合わせたら、とてつもなくめんどくさかったので削除してないです。

 

高校時代に予選で会って話していたりブログなどで交流のあったメンバーが今ではプロのお笑い芸人さんになったり、ほかの舞台で活躍していると、僕は夢を諦めた身だけど諦めた分あの時活躍していた知り合いのお笑い芸人さんが僕の分まで夢を叶えてくれるんじゃないか?とか何か幼馴染を見ているような感覚であの人だけは売れてほしいって思ってますし、今では願ってます。

 

正直最初の社会人1年目から4年目ぐらいまでは、仕事が忙しくお笑いを観ていない時期もあったし、同世代がテレビに出ると同じ芸人さんになっていなのに変にむしゃくしゃし悔しかった。

でも去年か今年ぐらいからか不思議とお笑いはずっと観れてただただお笑いファンになってますし、素直に大好き。

今までは同世代が活躍したら昔のことを思い出して後悔して、翌日の昼ぐらいまで引きずっていたけど(笑)

 

でももう割り切って生きています。

 

中途半端だったけど有望な才能を前にしたら、諦めざるおえない!(笑)

 

お笑い芸人さんっていうのは、才能と並大抵の努力と忍耐力がないとできません。

僕は元々才能なかったから、才能が多く占めてるのかなと思いますが。

 

僕は今でも世界一尊敬する仕事はお笑い芸人だと思ってます。

世界一大好きな職業だし、やりたかった職業。

 

でもスポーツ選手みたいにずっとやっていける人が少数の厳しい世界。

僕はどちらもプロになっていることがすごいと思うけど。

スポーツ選手と同じでなりたくてもなれない人もいます。

 

なりたくてもなれなかったから、アマチュアで出ればいいじゃんとか

言う人もいるかもしれませんが、人を笑わせるってそんな簡単なものじゃないし

ネタをつくる大変さだって知っている。

素人が遊び半分でライブなんかに演者として、踏み入れちゃいけない。

ダメな領域だと僕は個人的に思ってます。

たまにいる芸人気取りのYoutuberにも個人的に腹立つときもありますが(笑)

 

社会人10年目今まで過去に少し逃げたり、素直になれなかったけど

Twitterを通して勇気出してDM送ってコロナ落ち着いたら、今ではプロになった芸人さんのライブを絶対に観に行きます。

やっと心のもやもやが浄化されていきました。

 

最後に僕は高校時代関わった人達を、今でも情報収集し応援してますし

この先もずっと応援していきたいと思います!

 

ちなみに当時コンビを組んでいた友人とは、その後家庭などいろいろ問題があり連絡とってません、とういうか取れません(笑)

 

当時高1の初舞台の写真が出てきました。


f:id:ryo_aas_bit31:20200803232622j:image

学生服を来て左を向いている背の低い方が自分です。(立ち位置左)

 

 

 

もう未練はないけど、本当に同世代の芸人さんは応援したい!

 

やっと人生の中で一区切りついた?というか

過去を素直に受け入れて、生きようと思いました。

 

 

 

これで今のインフラエンジニアという仕事にも、もっと本気になって働きたいと思います。

 

また昔みたいに、人はやる気があれば何でも挑戦できると信じて頑張ります!